学歴よりも重視されること

大学卒の若者が非常に多くなった社会で、高卒という学歴は就職の面接の際で、なんとなく気おくれをしてしまうものです。そしてさらに、高校卒業後しばらくニート生活を送っていた場合は仕事を始めようと思い立ったときに、「ちゃんと働けるだろうか」と不安になるのではないでしょうか。

学歴やしばらく仕事から遠ざかっていたことを恥じることは全くありません。仕事を一緒にして楽しい人、頼りになる人は学歴が高い人とは限りません。高卒という学歴でも、立派に職務を果たして高い信頼を勝ち得ている方は非常に多いですし、学校で学ぶことよりも、社会に出て覚えなければならないことのほうがはるかに多いものです。また、ニートだったから仕事ができないということは全くありません。大切なのは、与えらえた仕事をいかにまじめに行うか、ということではないでしょうか。一生懸命働くなら、周りもその人の努力ややる気を認め、学歴、経歴で判断することは少なくなるでしょう。

面接をする際に気おくれするとしても、まじめさ、一生懸命働きたいという意欲が伝わるように、前向きな姿勢で面接に臨むのは大切なことです。だれでも、消極的な人よりも積極的で明るい人のほうを好みます。学歴や経歴ではなく、人柄や態度を重要視する人のほうが多いものです。面接の前に自分の内面にはどんな良いところがあるだろうか、を考えることで自信をつけることは良いことです。仕事を見つけるのが難しい時代ですが、自分で自信を奮い立たせながら前に進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です